プリフロップとは

まずテキサスホールデムポーカーの中では各プレイヤーに2枚ずつカードが配られます。ここから5枚のカードを使って役を作るわけですが、この2枚のカードの配り終わった段階で一回目のベッティングラウンドが実施さ

れます。この最初のベッティングラウンドのことをプリフロップといいます。2枚のカードを見て、ゲームに参加し続けるか下りるのかの判断をするわけです。プリフロップの場合、プレイヤーのできる動き方は以下のいずれかです。

1つ目はフォールドもしくはダウンと呼ばれる方法で、ゲームから降りる意思表示になります。この場合、配られた2枚のカードはディーラーに返却する形になります。2つ目はチェックでパスを意味します。一銭もかけることなく次のプレイヤーにアクションを回すことです。3つ目のアクションはコールといって、ベッティングアクションがそれまでにあれば、同額のチップを出します。4つ目はベットで、チップを賭けるアクションとなります。ちなみに自分がベットする時に誰かがすでにチップを賭けている場合には、レイズになります。レイズをしているプレイヤーがいて上乗せをする場合には、リレイズといわれます。リレイズをしている人のチップに上乗せして賭けることをリリレイズといいます。

スモールブラインドとビッグブラインドはすでに賭けを行っている状態で、ゲームはスタートします。このため、アンダー・ザ・ガンはフォールド、ビッグブラインドと同額のコール、レイズの上乗せのいずれかの選択肢をとることになります。お金がかけられている状態でプレイするので、チェックした後パスはできないので注意が必要です。スモールブラインドとビッグブラインドは強制ベットさせられますが、ボタンのアクションの後でアクションできるチャンスがあり、これをオプションといいます。