ベットと勝負の展開

テキサスホールデムポーカーでベットする時に、自分のハンドではたして勝てるのかどうかを考える必要があります。ところが初心者を見てみると、自分のハンドがその時点で有利なのか不利なのかといった判断をしないで、

プレイしている人が多いです。つまり自分のハンドが強いのか弱いのか、もしくはカンだけを頼りにしてベットしている人もいます。このようなスタイルでプレイしていても、まぐれ当たりはあるかもしれませんが、確実に利益を積み重ねることは不可能です。

テキサスホールデムポーカーではバリューベットが利益を大きくするための基本です。中には勘違いをしていて、ポットを大きくすればいいと思っている人もいるようですが、負けているときにポットを大きくしてしまえば、損失が大きくなるだけです。勝っているすなわち、ポットのお金が自分に返ってくる可能性が高いときにポットを大きくしなければ意味がありません。そこで自分だけでなく、相手のハンドのことも想定しながらポットをとれそうかどうかを判断していかないといけません。

ポーカーゲームのようなどのカードが次出てくるのかわからないようなスタイルのギャンブルの場合、絶対勝てるという保証はなかなかできません。あくまでも可能性をベースにして判断します。勝っている可能性が高いと判断した場合には、ポットを大きくしてもらって構いません。しかし勝っている可能性に自信が持てない時には、むやみにポットを大きくすべきではありません。そしてもしかすると自分は負けているかもしれないと感じているのであれば、迷わずフォールドすることが大事です。全体的なバランスを見てアクションをすべきで、通り一遍のことをしていてはなかなか勝てません。