ポットサイズの考え方

テキサスホールデムポーカーにおいてポットコントロールをする場合、強いハンドであればビッグポットを目指し、弱いハンドであればスモールポットを目指すのがセオリーです。これは、ハンドの良し悪しとポットサイズの関係性で見たセオリー

です。しかしポットコントロールには、ほかの考え方もあります。それは、自分が対戦しているプレイヤーのレベルに応じてサイズのコントロールをする方法です。上級者相手にビッグポットでプレイするのは、いかなるときにもリスクが高いと思ってください。

上級者になると、いかにして大きく勝ち、小さく負けるかということを考えてプレイしています。勝っているときにはビッグポットにどんどん応じてきます。上級者が確たる根拠もなしにビッグポットに応じることはあり得ません。逆に弱いハンドしか持っていないのであれば、ポットが取れないと早々に判断してゲームから降りるはずです。テキサスホールデムポーカーのプレイヤーのレベルは、このリーディングスキルによるところが大きいです。上級者はこのリーディングスキルが非常に秀でていて、初心者はもちろんのこと、中級クラスでもなかなか覆せないといわれています。

ところが逆に相手が初級者であれば、ビッグポットにすることにリスクはあまり伴いません。なぜなら初心者の場合、ワンペアできているだけでも結構ビッグポットに乗っかってくる傾向があるからです。このように決して強くないハンドでもビッグポットに乗ってくるので、どんどんポットを大きくしても上級者ほどのリスクはありません。上級者相手にプレイする場合には、ポットサイズはいかに小さく保つかを考えてゲームしてください。そもそも同じテーブルで競うべきではありません。