利益を大きくするスロープレイ

テキサスホールデムポーカーは心理戦の側面があり、いろいろなテクニックを駆使して自分に有利な局面に持っていくゲームです。その中でもスロープレイは利益を大きくするときには有効になりうるテクニックです。スロープレイと

は文字通り、ゆっくりとプレイすることです。強いハンドを持っているときに活用すると有効で、チェックとかコールを多用することであえてほかのプレイヤーが下りにくくするわけです。相手にできる限りチップを出させることで、利益を少しでも大きくさせます。フロップだけでなく、ターンやリバーでもゆっくりとプレイするように心がけてください。

ただしスロープレイを選択するときには、まずどう転んでも逆転されることのないシチュエーションに限定して実施すべきです。ナッツを持っているときくらいに限定をした方がいいです。もしスロープレイを行っていたところ、相手にいいカードを引かれてしまって逆転されれば、逆に大きな損失になってしまうからです。そこで安易にスロープレイに踏み出すのではなく、本当にやってもいいのかを検討した上で実施してください。むしろアグレッシブにアクションをした方が、利益を多く確保できるケースもあり得ます。

スロープレイは、ポットを大きくできますがその分ハイリスクハイリターンになります。実際スロープレイを行った結果、ほかのプレイヤーに逆転されてしまって大事故に遭遇するというプレイヤーは多いです。その時には2度とスロープレイは行わないと思っているのですが、のど元過ぎれば…ではありませんが結構またスロープレイに手を出す人も少なくありません。スロープレイをして、どうも風向きが変わったと思ったのであれば、コールをして速やかにショーダウンするなどの対処をするなどの柔軟な対応が求められます。