ポットコントロールをマスターすべし

テキサスホールデムポーカーでは最大限の利益を上げる、そして損失が出た場合に最小限に抑えることが何よりも要求されます。自分の利益をコントロールするためには、ポットコントロールのテクニックを身に着けるといいです。ポット

コントロールとは、ベット額の多少をコントロールすることで、自分のハンドの強い弱いに応じてベット額をコントロールできれば、利益も損失も調整できるわけです。ポットコントロールの目標は単純で、強いハンドを持っているときにはポットを大きくします。逆に弱いハンドしか持っていない時には負ける可能性が高いので、より小さなポットにしてプレイが終わるように持っていくわけです。

ポットコントロールは、特にショーダウンまで行ったのに自分のハンドで勝てるかどうかの確認の持てないケースで重宝します。強いハンドを持っていれば、勝率はある程度高くなります。ところが中途半端なハンドの場合、もしかすると勝てるかもしれないというケースも出てきます。この時、まずは相手のアクションをしっかりとチェックしてどの程度のハンドを持っているかを推測します。レイズなどの強気のアクションをしていて、どうもブラフでもなさそうというときには、極力ポットサイズを大きくしないようにすべきです。

もし相手のアグレッシブなアクションに応じてリレイズなどを繰り返していると、ポットサイズが勝手に大きくなります。その結果勝てるゲームであっても、フォールドせざるを得なくなってみすみす利益を逸してしまうこともあり得ます。ポットコントロールは一朝一夕で身につく簡単なテクニックではありません。何度も勝負をして身に着ける必要があります。しかしマスターできれば、非常に大きな武器になりえます。