ハンドを読まれない手法の1つ、ミックスアップ

テキサスホールデムポーカーのような相手と直接対戦をするカードゲームの場合、駆け引きにうまくならないとなかなか勝てません。相手のハンドを読むこととともに、いかに自分のハンドを相手プレイヤーに読まれないようにするかも重要です。自

分のハンドを読まれないようにするテクニックの一つに、ミックスアップという手法がありますが、それは、プレイ中にハンドの強い弱いに関係のないフェイクの動きをミックスさせた手を使う方式です。ミックスアップを使って、いわば自分のハンドをカモフラージュさせて相手に読まれないようにする守りのテクニックです。

通常自分のハンドの強いときには、ベットやレイズ、リレイズといった感じでどんどん強気の勝負を仕掛けられます。ところが自分のハンドが弱いときには、チェックやコールでできるだけ、金額を吊り上げないような戦略を取ります。このセオリーの逆のアクションをとるときに織り交ぜてみるのが、ミックスアップという手法です。たとえば、レイズやリレイズを繰り返していた人が途中でコールなどを入れるとどうなるでしょうか?「この人はどんなハンドを持っているのか?」と相手をかく乱することが可能です。その結果、自分の方にペースを持っていてゲームをコントロールしやすくなります。

またミックスアップは1つのゲームだけでなく、ゲーム全体で使う方法もあります。たとえば、前半はルースなプレイをあえてします。そしてブラフを多用する人間とほかのプレイヤーには思わせておきます。そこでもし後半良いハンドが来てアグレッシブにプレイしても、相手はブラフと思う可能性があります。そしてゲームに応じて、どんどんポットにお金がたまり一気に大きな利益をせしめることも可能です。