資金管理(パンクロール)が重要

テキサスホールデムポーカーの必勝法やコツに関して紹介しているサイトがいろいろとあります。その中でも、パンクロールの管理をしっかりと行うべきという話はしばしば目にするのではありませんか?パンクロールとは、手持ち資金のことです。手持ち

資金の管理をきちんとしていないと、冷静に判断して適切なアクションがしにくくなります。パンクロールの管理は何もテキサスホールデムポーカーに限ったことではなく、ギャンブル全般に共通していることです。ではパンクロールの目安をどのように設定すればいいでしょうか?

テキサスホールデムポーカーの世界で一般的に言われているのは、リミットのビッグベットで200回程度ベットできるような金額を準備することです。5~10ドルのゲームに参加するのであれば、10×200で2000ドル程度の手持ち資金があれば安心してゲームできるはずです。パンクロール管理することで、短期間で資金が底をつくことが防げます。勝つ資金を増やすにあたって、計画的に戦略が練られるというメリットもあります。

テキサスホールデムポーカーの世界では、スウィング現象がしばしば起こります。スウィングとは、いわゆる運のことで思わぬゲーム展開をすることもあり得ます。どんなにポーカーのスキルや実力があって、スペックではっきりとした差があったとしても時に負けることもあり得ます。何十回、何百回に一度は段持ちの将棋のプロがアマチュアに負けることもあり得ますよね。スウィングが時として働き大きなマイナスになってしまうこともあり得ます。しかしパンクロールの管理を行っていれば、資金的に何とか持ちこたえることもでき、挽回できる可能性も残せるわけです。