マスターしたいハンドリーディング

テキサスホールデムポーカーの勝率をアップするためには、ハンドリーディングはマスターすべきです。ハンドリーディングとは、相手の持っているカードが何かを読むスキルをさします。トッププレイヤーとそうでないプレイヤーとの

違いは、このハンドリーディングができるかどうか、精度が高いかどうかによるものです。ハンドリーディングは、何も透視のようにピンポイントでどのカードを持っているか当てる必要はありません。あくまでも相手がどの程度の強さのハンドを持っているかを予測するためのテクニック程度に認識しておいてください。

精度の高いハンドリーディングスキルをマスターするためには、まず経験を積むことが大事です。自分のハンドが相手よりも強いのか弱いのかをフロップなどを通じて判断します。また相手のプレイヤーが自分のハンドを見てどのようなリアクションをするかも重要な判断材料になります。このような相手のリアクションで心理状態を推測するのは、場数を踏んでいないとなかなか難しいわけです。

ハンドリーディングは確かに勝率をアップするテクニックではあります。しかし確実に勝てることを保証するものでもありません。例えば今まで有利にゲームを進めていても、リバーまでに相手に有利なカードが出てきて形勢が一気に逆転するケースも十分考えられます。ポーカーゲームのようなたまたま山の中から出てきたカードを引くというようなスタイルの場合、技術など以外にも運要素も勝敗を大きく左右します。

ハンドリーディングは確かに完璧ではありません。しかしハンドリーディングを使ってゲームをする意識を持つことで、総合的に分析をしてゲームを進められる発想が養えます。やみくもにゲームをするよりは勝率もアップするはずです。