テキサスホールデムポーカーは情報戦

テキサスホールデムポーカーに限らずポーカーゲームは一般的に情報戦であるという認識をしてください。基本的により多くの情報を持っているプレイヤーの方が、より正しい戦略が使えるので有利です。ポーカーの場合、より後

ろのポジションのプレイヤーの方が前に位置しているプレイヤーよりも有利です。

なぜかというと、プリフロップの段階で前方にいるプレイヤーはより早くアクションをしないといけません。アクションをする時に持っている情報は、はっきり言って自分のカードの情報しかありません。ところが順番が後ろになればなるほど、ほかのプレイヤーのアクションを見極めて自分がどう出るかを判断できます。このため、ポットコントロールがしやすくなります。利益を出すときにはより大きくできますし、損失を計上した場合でもダメージを最小限に抑えることも可能なわけです。

テキサスホールデムポーカーは、ボタンは順番に回ってきます。ポジションにおける有利不利ができないようにするためです。このため、ボタンはただ単に順番で回ってくるものと認識している人も多いですが、それは間違いです。それぞれ異なるポジションなので、ポジションによってプレイスタイルを変更しないとなかなか勝利できません。

先ほども紹介したように、順番が後ろになればなるほど得られる情報量は多くなります。ということは、より積極的に勝負に出てもリスクは少ないです。逆に順番が前の方だったときには、情報量が少ないので守りのプレイスタイルに徹するべきなのです。このように自分の置かれているポジションを理解して、それに見合ったスタイルでプレイできるように心がけましょう。前方ではあえて危険を冒すようなことはすべきではありません。