顔の表情や、癖の気配を消すこと

カードゲームをしていると、プレイヤーによって独特の癖があるケースも見られます。テキサスホールデムポーカーではこのような癖のことを、テルという風に呼びます。テルにはいろいろな種類があって、例えば目をきょろきょろさせるというような

ベットと勝負の展開

テキサスホールデムポーカーでベットする時に、自分のハンドではたして勝てるのかどうかを考える必要があります。ところが初心者を見てみると、自分のハンドがその時点で有利なのか不利なのかといった判断をしないで、

バリューベットの概念

テキサスホールデムポーカーを行う際にマスターすべきテクニックとしてバリューベットがあります。バリューベットは直訳すれば、「価値のあるベット」になります。詳しく説明をすると、ポーカーをするにあたって勝利するときに、いかに大きな利益を引き出せるようなベットをするかという意味です。このため、

ポットサイズの考え方

テキサスホールデムポーカーにおいてポットコントロールをする場合、強いハンドであればビッグポットを目指し、弱いハンドであればスモールポットを目指すのがセオリーです。これは、ハンドの良し悪しとポットサイズの関係性で見たセオリー

ギャップコンセプトを理解すべし

テキサスホールデムポーカーなどのポーカーゲームの中には、いろいろな概念があります。その中の一つに、ギャップコンセプトがありますが、その特徴的な考え方は、自分からレイズするハンドとレイズに対してコールをする時の

バカなベットのドンクベット

テキサスホールデムポーカーの世界で、ドンクベットという言葉が使われます。日本語にそのまま訳せば「間抜け、バカなベット」という意味です。通常はまだあまりテキサスホールデムポーカーの経験のない初心者が行ってしまいがちな誤ったプレイのことを指します。オ

利益を大きくするスロープレイ

テキサスホールデムポーカーは心理戦の側面があり、いろいろなテクニックを駆使して自分に有利な局面に持っていくゲームです。その中でもスロープレイは利益を大きくするときには有効になりうるテクニックです。スロープレイと

ポットコントロールをマスターすべし

テキサスホールデムポーカーでは最大限の利益を上げる、そして損失が出た場合に最小限に抑えることが何よりも要求されます。自分の利益をコントロールするためには、ポットコントロールのテクニックを身に着けるといいです。ポット

ハンドを読まれない手法の1つ、ミックスアップ

テキサスホールデムポーカーのような相手と直接対戦をするカードゲームの場合、駆け引きにうまくならないとなかなか勝てません。相手のハンドを読むこととともに、いかに自分のハンドを相手プレイヤーに読まれないようにするかも重要です。自

自分のハンドを読まれないための考え方

心理戦の側面を持っていて、いろいろな駆け引きのテクニックを使って勝負するのがテキサスホールデムポーカーのだいご味です。駆け引きしていく中で、相手がどのようなハンドを持っているのかを読まないといけません。しかし相手の

コンテンツ配信